地方新聞社に勤務する父の影響で、もの心ついた頃から「NHK7時のニュース」を観ていました。ニュース番組から伝えられる、政治・社会・経済に興味がありました。 大学卒業後、一般企業に就職した後に、社会派リポーターとなり、現場から現場へと飛び回っていました。そんな中、取材を通して「人生とは何か?」「人は何のために生きるのか?」と自問自答を繰り返し、宗教本や論語・哲学書を何度も何度も読み返し、その結果、人間は沢山の「ありがとう」を貰って成長するのだ!!人の笑顔がビタミン剤となるのだ!!と考え、情報を伝える事で感謝を頂くPRの仕事に従事しました。 そして、今日まで成長させていただいた社会と皆さまに「ありがとう」と「笑顔」の感謝を込めて政治の世界で恩返しをいたします。 政治が変わらなければ社会は変わらない。 一歩踏み出さなければ政治は変わりません。 「政治は誰がやったのではない。何をやったかである。」を政治信条に頑張ります。